税理士についての知識を得る~やりがいを感じる仕事~

Tax accountant

パートナー探し

頼れる税理士を探しましょう

税法は毎年のように改正されています。平成27年にも改正はありましたが、注目したいのは相続税の改正です。税負担がかなり増すことになりました。例えば、相続税の基礎控除額は40%も減額されてしまいました。 このような流れから、税金の専門家である税理士の活躍する場面が増えてくると言えます。相続税で言えば、それまでは納付する者の割合は、全体の10%にも満たないものでした。しかし、今回の改正でその数字は大幅に増えることになります。今まで、税理士という存在を身近に感じていなかった方も、頼らないわけにはいきません。 他の税法についても改正がどんどん行われています。この流れに乗り遅れないためにも、早めに頼れる税理士を探しておきましょう。

保険に加入するなら相談しよう

遺された家族のことを考えて生命保険に加入しようという方はたくさんいます。生命保険に対しては相続税が課される可能性があります。 課税されるタイミングは、保険金が下りた時です。それはいつのことでしょうか。生命保険ともなれば、10年以上も後のことであるということも珍しくありません。その時、改正がどんどん行われている国の税法は一体どうなっているのでしょうか。 もちろん、専門家である税理士にも10年以上も先の税法の内容は分かりません。しかし、税金についての知識がほとんどない私たちでは理解するのも難しいです。いざ保険金をもらうという時に、多額の税金を課されたというのは避けたいところです。保険に加入するなら税理士に相談し、無駄な税金を課せられないようにしましょう。