税理士についての知識を得る~やりがいを感じる仕事~

Tax accountant

相続税に関して

相続税とその対策とは

相続税とは、人の死亡に着目して財産が移転する時に課税する制度で、例えば親が無くなって資産を受け継いだ場合や、親族から生前に財産を受け取った場合に課税対象としています。相続税の目的とは、偶然に受け取った不労所得が特定の人に集中して貧富の格差が拡大してしまうことを抑える為であり、富の再分配を基本としています。 相続税の金額は、財産が一定以上となる場合のみ支払う必要がありますが、基礎控除などを利用すること納税額を大幅に抑えることができます。相続人の経済状況を配慮した基礎控除以外にも、特例の控除制度がありますので、事前に相続税対策をしっかり準備しておくと効果的です。 相続税対策のサービスを利用するには、相続税の申告に活躍する相続専門税理士に依頼するとよいでしょう。

相続税対策のメリット

相続税は現金で支払う必要がありますので、不動産ばかり受け取った場合は、残された家族が相続税の支払いに苦労してしまうかもしれません。そうなる前に、しっかりと相続税対策を取りたいものですが、相続税は専門的な知識が必要で、相続税の改正もあるので、相続専門税理士に依頼するほうが円滑に進むでしょう。 相続専門税理士は、相続税対策に特化することで、豊富な処理件数を通した高い経験値がありますので、様々な方法で便りになります。申告には不動産の評価や株式会社の株価対策、税務署とのやり取りがあり、相続税の課税対象が大きい場合は、税理士の力量によって納税額が大きく変わってきます。 その為、特に多くの資産がある人に取って、相続専門税理士のサービスは最も望む事になります。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。